モンスターカレンダー

« 2013年4月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

2013年4月アーカイブ

 

私は東京生まれ東京育ちのM男です。

皆さんが思うМ男とは、どんな男性を想像しますか?私の頭の中の考えでは、男性を相手する女性と言うのは、黒光りするボンテージを纏ったいわゆる女王様が必ずいて、真っ赤な口紅を塗り、見るからに痛そうな鞭でビシバシッ!っと今にも叩いてきそうな女性との淫靡行為に服従する男性を想像しますが、私はそればかりがM男とは思っていません。

 

実を言うと、私はもともと女性を責める事で興奮や快感を得られる方でしたので、SMで区別すると、以前まではSの部類に入るほうだと思っていました。

 

それがですね、以前仕事の都合で名古屋へ行ったとき、街中の書店にてとある風俗誌のタイトルに釘付けになりました。「М性感を知らないあなたへ・・・。痴女が招待します。」と書かれているコメントに、なぜか私の鼓動が速くなり体が熱くなったのを今でも覚えています。

 

その時初めて、もしかして俺ってМなの?って思ったりもしましたし、恐る恐る私の性癖とは無縁だと思っていた扉を初めて開放した時から、私は仕事だけの都合ばかりで名古屋に行くのではなく、М性感の快感にどっぷり漬かりに行くため、そして、最高の痴女に巡りあうため名古屋に足を運んでいます。

そんなお店、東京にもあるんじゃねーの?って仰るあなた!

 

名古屋の風俗店をバカにしちゃー駄目ですよ()

そりゃ大都会東京にも星の数ほど多数の風俗店がひしめきあっているのが現実ではありますが、他府県に足を運んでみるのも一つの手段としてはなかなか外せないキーワードになってきますよ!

 

ナント言いますか、心が開放的になるといいますか、知らない土地でしかもそこまで東京から遠くもない名古屋にМ性感を求めて、また最高にイヤラシイ痴女に出会えた時は、もー何でもして!って感じになる事間違いなしです!

 

そのかわり、この扉を開けてしまうと、もう後には戻れませんからね。(笑)